好調のチームが現役続行後押し
第4戦バーレーンGP第1日
跳ね馬残留の可能性が高まったライコネン。初日フリー1回目トップと好発進だ(AP)
跳ね馬残留の可能性が高まったライコネン。初日フリー1回目トップと好発進だ(AP)
 【バーレーン・インターナショナル・サーキット(バーレーン)柴田久仁夫、L・バスコンセロス】フェラーリのキミ・ライコネン(35)=フィンランド=が2016年もチームに残留する可能性が高まった。マウリツィオ・アリバベネ代表(58)が示唆した。ライコネンは昨年、今季限りでの引退をにおわせていたが、好調.....
【ログインして続きを読む】