「200m手前なら生きていなかった」
第11戦ベルギーGP決勝
ピレリ側の対応に怒り心頭のベッテル(AP)
ピレリ側の対応に怒り心頭のベッテル(AP)
 【スパフランコルシャン・サーキット(ベルギー)田村尚之、柴田久仁夫、L・バスコンセロス】F1第11戦ベルギーGPは23日、決勝を行ったが、3番手走行中の残り2周で右リアタイヤがバースト(破裂)したフェラーリのセバスチャン・ベッテル(28)=ドイツ=が大激怒。ピレリタイヤの安全性に対し、緊急ミーテ.....
【ログインして続きを読む】