F1第14戦日本GPの審査委員会は26日、予選Q1でトップタイムの107%に達しなかったA・ロッシ(マノーマルシャ)の決勝への出場を認める裁定を下した。