跳ね馬再生のカギはセカンドドライバー
ベッテルと関係良好、チームの役割果たす
これ以上ないほど仲がいいライコネン(左)とベッテル(フェラーリ提供)
これ以上ないほど仲がいいライコネン(左)とベッテル(フェラーリ提供)
 元F1チャンピオンで現在はフォーミュラEのチームを率いるアラン・プロスト代表(61)が、フェラーリのキミ・ライコネン(36)を来季も残留させるべきだと発言した。23日に米スポーツ局ESPN(電子版)が伝えた。ライコネンの契約は今季まで。後任争いがし烈とされるが、新たな人材を獲得した場合はチームの.....
【ログインして続きを読む】