第15戦シンガポールGP決勝
 マクラーレン・ホンダのバトンは不運のまま43周リタイア。スタート直後の接触でフロントウイングを壊し、ブレーキダクトも破損。ブレーキ温度が上がったままとなり、まともに運転できる状態ではなかった。スピンしたフォースインディアのニコ・ヒュルケンベルグを避けるためにステアリングを切り、ウィリアムズのバル.....
【ログインして続きを読む】