第15戦シンガポールGP決勝
 メルセデスのルイス・ハミルトンが5戦ぶりにランキングトップから陥落した。終盤の47周目にフェラーリのキミ・ライコネンをかわし、3位表彰台。ロズベルグとの差を8ポイントに食い止め、「たった8ポイント差は屁でもない」と余裕の笑みだ。