敏腕エンジニアとしても活躍した元メルセデス・チーム代表のロス・ブラウン氏が、2014年に同チームを離脱した真相を明らかにした。ロイター通信によると、11月に発売する著書「トータルコンペティション」の中で、離脱する数年前に加入したラウダ非常勤会長、ウルフ責任者と信頼関係を築けなかったことを認め、「.....
【ログインして続きを読む】