フェラーリの会長で親会社フィアット・クライスラー・オートモービルズのセルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)が2019年前半にも引退する意向を明らかにした。8日に米国デトロイトで開幕した北米自動車ショーで報道陣に語った。

 現職に就任した14年、18年限りで引退すると語ったことは「今も変.....
【ログインして続きを読む】