第1回合同テスト初日
 フェラーリはセバスチャン・ベッテルが午前中の終盤にボッタスを逆転してトップタイムの好発進。シェークダウンの印象そのままに62周を走りきった。今季はレギュレーションの変更によって、各チームとも昨年とは全く違う車両に変わった。フェラーリの「SF70H」は特に革新的に改良されただけに信頼性が最も気にか.....
【ログインして続きを読む】