リバティメディア・マフェイ社長兼CEO意向
 米メディア大手でF1のオーナー会社でもあるリバティメディアのグレッグ・マフェイ社長兼最高経営責任者が将来にF1エンジンを大排気量型に戻したい意向でいることが15日、明らかになった。米フロリダ州で7日に開かれたドイツ銀行の会見で、現行規則で定められている排気量1・6リットルのV型6気筒エンジンを「.....
【ログインして続きを読む】