バーレーン合同テスト最終日
 2番手タイムを記録したフェラーリのセバスチャン・ベッテルながら、周回数は64周止まり。新しい空力と機械的な部品を試す作業を進めた影響だが、9周を走行し終えた早朝には油圧システムの液漏れが見つかるなど問題が発生した。「もっと走れれば良かったけど、午前中にトラブルが起きてしまったから時間をロスした。.....
【ログインして続きを読む】