メルセデスモータースポーツのトト・ウルフ責任者(45)は、2018年にマクラーレン・ホンダとの契約が切れるフェルナンド・アロンソを獲得する可能性を否定しなかった。レース専門サイトのグランプリ・ドットコムが17日までに伝えた。

 ウルフ責任者は「事前にノーというわけにはいかない。それはバカげたこ.....
【ログインして続きを読む】