F1にタイヤを供給するピレリは21日、前戦イギリスGP決勝でフェラーリに相次いで起こったタイヤのトラブルについて、セバスチャン・ベッテル車の調査結果を発表した。それは「最初の原因はスローパンクチャー(空気が徐々に抜けること)で、空気が抜けたままピットに戻ったことで最終的な問題が起こった」としてい.....
【ログインして続きを読む】