第16戦日本GP決勝
 【鈴鹿サーキット ペン=鶴田真也、丸山秀人、鈴木伸夫、碓氷英靖、柴田久仁夫、ルイス・バスコンセロス】2戦連続7位を獲得して迎えた今戦、マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは9番手スタートから新品タイヤで上位を狙ったが、1周目にフェラーリのキミ・ライコネンと接触してコースオフ。逆に順位を落.....
【ログインして続きを読む】