1969年のモナコGPで、マセラティのエンジンを最後に搭載したクーパーのビック・エルフォード(左)。右はロータスを駆るジョー・シフェール(ゲッティ・共同)
1969年のモナコGPで、マセラティのエンジンを最後に搭載したクーパーのビック・エルフォード(左)。右はロータスを駆るジョー・シフェール(ゲッティ・共同)
 フェラーリのパワーユニット(PU)を積むハースが、来季から伊メーカー「マセラティ」と提携する可能性が出てきた。伊紙コリエレ・デラ・セラなどが伝えた。フェラーリ、マセラティの両社を傘下に収めるフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のセルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO、65).....
【ログインして続きを読む】