ウィリアムズがセカンドドライバーとして、候補に挙がっていたセルゲイ・シロトキン(22)=ロシア=を選ぶと決めたもようだ。独誌アウトビルト(電子版)が3日に報じた。2年契約の形になるという。

 シート獲得を巡っては、8年ぶりのF1復帰を目指すロベルト・クビサ(33)=ポーランド=との一騎打ちで、.....
【ログインして続きを読む】