【リスボン=ルイス・バスコンセロス】2016年を最後にF1を撤退した英国のマノーが、次世代エンジン規則が導入される21年に、F1復帰を計画していることが10日、分かった。

 開発費を抑える次世代エンジンの導入で、低予算チームにも門戸が開かれる見通しで、同チームのグレアム・ロードン・スポーティン.....
【ログインして続きを読む】