口は災いのもと−。米国のハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表の発言が、米インディカードライバーの反発を招いた。米「ESPN」(電子版)が13日に伝えた。ことの発端は、同代表が英誌オートスポーツ(電子版)に「現状では米国にはF1をドライブするにふさわしい選手はいない」と話したこと。

 .....
【ログインして続きを読む】