事故に遭ったドライバーの状況を把握 救護にプラス
クラッシュしたときに生体認識グローブを装着していれば、ドライバーの状況が確認できる=昨年のブラジルGP予選でクラッシュしたルイス・ハミルトン(xpb提供)
クラッシュしたときに生体認識グローブを装着していれば、ドライバーの状況が確認できる=昨年のブラジルGP予選でクラッシュしたルイス・ハミルトン(xpb提供)
 F1が今季から生体認識グローブを採用する見込みとなった。

 ドライバーが装着するグローブに小さなセンサーを埋め込み、事故などに遭った時に離れた場所から状況を確認できるという。1日までに独紙スポーツビルド(電子版)が報じた。

 FIAは昨年末、ドライバーの心拍数や血中酸素濃度を測定できる小さな.....
【ログインして続きを読む】