2012年に移籍の契約 アロとコンビの予定が
痛恨の過去を振り返るロベルト・クビサ(xpb)
痛恨の過去を振り返るロベルト・クビサ(xpb)
 ウィリアムズの開発兼リザーブドライバーとして今季、F1に戻ってきたロベルト・クビサ(33)=ポーランド=が、2011年にラリーで大事故を起こす前の時点で、フェラーリと12年の移籍契約を結んでいたことを明かした。F1公式サイトが11日、伝えた。.....
【ログインして続きを読む】