F1を運営する米メディア大手「リバティ・メディア・グループ」は8日、2018年第2四半期(4〜6月)の決算報告を行った。F1部門の収入は5億8500万ドル(約648億円)で昨年同期の6億1600万ドルから3100万ドル(約34億円)の減収となった。営業利益も1400万ドルで、昨年の4500万ドル.....
【ログインして続きを読む】