契約延長が合意間近
 鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの山下晋社長(62)が会見を開き、今年で開催契約が満了となるF1日本GPについて契約延長の交渉が最終段階にあり、合意を取り付けられる見通しとなったことを明かした。

 「FOM(F1マネジメント)のメンバーとさまざまな議論を重ねてきた。来週のイタリアGP、.....
【ログインして続きを読む】