インフルエンザで再入院していたメルセデスのニキ・ラウダ非常勤会長(69)=オーストリア=が16日に母国ウィーンの総合病院を退院した。ロイター通信など複数のメディアが17日までに伝えた。ラウダ会長は昨夏に肺移植を受け、その後は自宅で療養していたが、昨年末にインフルエンザを発症し、入院していた。報道.....
【ログインして続きを読む】