21周試走予定が6周で終了
 【リスボン=ルイス・バスコンセロス】F1のハースがいきなり出はなをくじかれた。スペインのカタルーニャサーキットで15日、今季型車「VF−19」のシェークダウン(試走)を行ったが、ギアボックスのトラブルが相次いで終了。

 担当したロマン・グロジャン(32)=フランス=が計100キロ、丸21周走り.....
【ログインして続きを読む】