バルセロナ合同テスト第1日
不満の残る初日となったペレス(AP)
不満の残る初日となったペレス(AP)
 【カタルーニャサーキット(スペイン) ペン=柴田久仁夫、ルイス・バスコンセロス】 レーシングポイントは新車「RP19」をシェークダウンも、初期トラブルが続発した。ステアリングを握ったセルジオ・ペレス(29)=メキシコ=は参加選手最短の30周しかできず、「確認作業が多くてね。思った以上に短い一日に.....
【ログインして続きを読む】