第7戦カナダGP決勝
左上の芝生を横切ってコースに復帰したベッテル(右)。その際のハミルトン(左)への進路が問題視されペナルティーを受けた(F1公式ツイッターより)
左上の芝生を横切ってコースに復帰したベッテル(右)。その際のハミルトン(左)への進路が問題視されペナルティーを受けた(F1公式ツイッターより)
 【ジル・ビルヌーブ・サーキット ペン=柴田久仁夫、ルイス・バスコンセロス】開幕から勝利に縁のないフェラーリのセバスチャン・ベッテル(31)=ドイツ=は無念の2位に終わった。トップでチェッカーを受けたが、レース中の進路妨害で決勝タイムに5秒が加算されるペナルティーを受け、メルセデスのルイス・ハミル.....
【ログインして続きを読む】