第7戦カナダGP決勝
 【ジル・ビルヌーブ・サーキット ペン=柴田久仁夫、ルイス・バスコンセロス】
母国グランプリとなったレーシングポイントのランス・ストロール(20)が今季3度目の入賞となる9位に食い込んだ。予選前に改良パワーユニットに不具合が起き、古いスペックのエンジンに載せ換えて出走。決勝ではハードタイヤで45周.....
【ログインして続きを読む】