第14戦イタリアGP決勝
 【モンツァサーキット ペン=柴田久仁夫、ルイス・バスコンセロス】フェラーリのベッテルが出場停止の危機だ。6周目に単独スピンした際に強引に体勢を立て直そうとして、レーシングポイントのランス・ストロール(カナダ)と接触。危険走行とみなされ、10秒のピットストップとペナルティーポイント3ポイントを科さ.....
【ログインして続きを読む】