第15戦シンガポールGPフリー走行
 【マリーナベイサーキット(5・063キロ×61周) ペン=柴田久仁夫、ルイス・バスコンセロス】フェラーリが改良型フロントノーズを持ち込み、セバスチャン・ベッテルが3番手に食い込んだ。車両の特性的には苦手なコースながら、ダウンフォースを増すパーツがうまく機能しているようだ。走行前には「うまくいった.....
【ログインして続きを読む】