第15戦シンガポールGP決勝
 【マリーナベイサーキット(5・063キロ×61周) ペン=柴田久仁夫、ルイス・バスコンセロス】3連勝を果たせなかったルクレールはややご機嫌斜めだ。首位を快走していた20周終了時にピットストップに入ったが、その前の周回でタイヤ交換を済ませた同僚ベッテルに先行されてしまい、レース中には「ちょっとフェ.....
【ログインして続きを読む】