事前説明なしに改良ウイング外された
13日午前の予選でクラッシュを喫したウィリアムズのロベルト・クビサ(鶴田真也撮影)
13日午前の予選でクラッシュを喫したウィリアムズのロベルト・クビサ(鶴田真也撮影)
 日本GPで19位に終わったウィリアムズのロベルト・クビサ(34、写真)=ポーランド=が予選前にチームから事前説明を受けることなく改良版のフロントウイングをマシンから取り外されていたことが14日、明らかになった。チームに対して激怒しており、周囲の関係者にも「もはや限度を超えている」と訴えている。
.....
【ログインして続きを読む】