親会社会長とすでに2度面談 ビノット代表も獲得に関心
 今季6度目のF1王者を決めたメルセデスのルイス・ハミルトン(34)=英国=が、2021年にライバル陣営のフェラーリに移籍する可能性が出てきた。フェラーリ親会社のジョン・エルカーン会長(43)がすでに2度、面談したと地元イタリア紙が報道。同チームのマッティア・ビノット代表(50)も獲得に関心を示し.....
【ログインして続きを読む】