第6戦(8月16日決勝)に組み込まれたスペインGPのスタンスは他のGPと少し違うようだ。2日に日程が決まった直後から「無観客なら開催権料は絶対に支払わない」と強く主張し、レース開催の経費負担も運営会社に求める勢いだった。現時点では鳴りを潜めているが、今後の出方が注目される。