苦戦覚悟だったフェラーリのルクレールが繰り上がりで、2位となった。「うまくマネジメントできた。必要な時に確実にチャンスをつかめた。目標はまだ遠いが、必ず到達してみせる」。7番手スタートから集団に埋もれ続けたが、レッドブルの全滅などのアクシデントが追い風に。最後はハミルトンのタイムペナルティーで3.....
【ログインして続きを読む】