目的は基本開発&セッティング
5日間で687km走り込む
トヨタF1マシン(資料)(カメラ=G・キャンベル)
トヨタF1マシン(資料)(カメラ=G・キャンベル)
 トヨタは12日、本拠地フランス・ポールリカールでの5日間にわたるテストを終了した。今回の目的は、新車「TF102」の基本開発とセッティングがメーン。総走行距離は687kmに及び、チームマネジャーのA・パスカリも手応えを強調していた。

 ▽A・パスカリ
 タイム・アタックが目的ではない。異なった.....
【ログインして続きを読む】