ホンダ・エンジンもオールニュー
空力面を大幅変更
新車のシェークダウンを行った琢磨(カメラ=共同)
新車のシェークダウンを行った琢磨(カメラ=共同)
 ジョーダンは21日、英国・シルバーストーンで02年型ニューマシン「EJ12」をシェークダウンした。ステアリングを握ったのは、ルーキーの佐藤琢磨。この日は正式発表前のプライベート・テストとあって、シャーシにはスポンサーのロゴなど一切なし。マシンは、フロント・ノーズの形状が下がるなど、空力面に大幅な.....
【ログインして続きを読む】