首都マナマでは巡回頻度増やす
バーレーン政府が明かす
 中東地域初のグランプリ開催を控えるバーレーン政府は24日、4月4日の決勝に向けて警備体制を強化することを明かした。首都マナマ市街地ではアメリカ大使館を中心に警察による巡回警備の頻度を増やすなどし、GP成功に国をあげて取り組み、細心の注意を払うつもりのようだ。