ブレーキの冷却ダクトに違反〜レース後の車検でチェック
バトン3位へ〜第8戦カナダGPは大どんでん返し
 F1第8戦カナダGPはレース後の車体検査でウィリアムズとトヨタのマシンのレギュレーション違反が明らかになり、両チームの4台が失格となった。車検で指摘されたのは、ブレーキの冷却装置部分のクーリングダクトがレギュレーションに定められたものではないというもの。

 ウィリアムズはダクトのサイズが規定よ.....
【ログインして続きを読む】