琢磨は散々、18番手〜ビルヌーブ&サロが健闘の第5列
第15戦イタリアGP予選
厳しいグリッドからのスタートとなった琢磨
厳しいグリッドからのスタートとなった琢磨
 02年F1シリーズ第15戦イタリアGPは14日、モンツァ・サーキットで予選を行い、J−P・モントヤ(ウィリアムズ)が1分20秒264の驚異的なタイムでポールポジション(PP)を獲得した。セッションは、ウィリアムズ勢と地元フェラーリ勢が1分20秒台で激しい戦いを展開。モントヤは終盤、“最強”BMW.....
【ログインして続きを読む】