98年に次ぐ歴代2位
フジテレビの日本GP中継
 フジテレビはこのほど、10日午後10時から12時に放送した「2004 F1日本GP決勝」の平均視聴率が10・8%(瞬間視聴率は13・5%)だったと発表した。同時間帯の放送では98年の11・6%に次ぐ2番目の高視聴率。03年は8・7%。ここでも“佐藤琢磨(BAR)効果”があらわれたようだ。