BAR残留で決着
ウィリアムズ第2ドライバーはピッツォニア有力
将来的にはウィリアムズに加わることを望んでいるバトン(資料)
将来的にはウィリアムズに加わることを望んでいるバトン(資料)
 J・バトン(BAR)が二重契約を交わした問題で、F1契約承認委員会(CRB)は20日、BARとの契約が有効とする判断を下した。これで、バトンのウィリアムズ移籍の可能性は消滅し、BARにそのまま籍を置くことになった。CRBは、F1の契約問題を統括する独立機関だが、F1に出場するのに必要なスーパーラ.....
【ログインして続きを読む】