帝王は10グリッド後退へ〜マッサが大健闘の3番手
最終第18戦ブラジルGP予選1回目
闘志あふれる走りで驚異的なトップ・タイムを刻んだバリチェロの走り(カメラ=川北眞三)
闘志あふれる走りで驚異的なトップ・タイムを刻んだバリチェロの走り(カメラ=川北眞三)
 最終第18戦ブラジルGPは23日正午(日本時間24日午前0時)から予選1回目を行い、R・バリチェロ(フェラーリ)が会心のアタックを決めてトップに立った。曇りながら気温28度、路面温度44度というコンディションでスタートしたセッション。18人目に登場したバリチェロは闘志むき出しの走りで1分09秒8.....
【ログインして続きを読む】