フィオラノでシェークダウン
M・シューマッハーは会心の笑み
シェークダウンでいきなりレコードを更新、ポテンシャルの高さをみせつけた「F2003−GA」(カメラ=G・キャンベル)
シェークダウンでいきなりレコードを更新、ポテンシャルの高さをみせつけた「F2003−GA」(カメラ=G・キャンベル)
 フェラーリは10日、既報の通り本拠地イタリア・フィオラノのホームコースでニューマシン「F2003−GA」のシェークダウンを行い、M・シューマッハーがいきなりの快走を披露した。帝王はノーミスで78周を走り込み、従来のタイムを0秒431上回る新レコードをマーク。強烈なデモンストレーションを終えたM・.....
【ログインして続きを読む】