改正レギュレーションの全面撤回求める
コンコルド協定違反と指摘
FIAに反旗を翻したウィリアムズのF・ウィリアムズ代表
FIAに反旗を翻したウィリアムズのF・ウィリアムズ代表
 マクラーレンとウィリアムズは20日、国際自動車連盟(FIA)が行った一連のF1レギュレーションの改正に関して、“安定した選手権を遂行しなければならない”とするコンコルド協定に違反しているとし、法的手段に出ることを発表した。スイスの国際商業裁判所に提訴する見通し。ただし、グランプリはボイコットはせ.....
【ログインして続きを読む】