フェラーリ離脱にも戦闘意欲満々
 グランプリ世界選手権(GPWC)のJ・フーバート議長は21日、フェラーリのコンコルド協定延長合意という“裏切り行為”で崩壊必至といわれていることへ、反撃の声明を発表した。「我々のプロジェクトはまだ死んでいない」とし、各チームに対しても「早まらないよう」通達したことを明らかにしたもの。メーカー側の.....
【ログインして続きを読む】