チーム買収で合意
ジョーダン代表は引退表明
ついにチーム売却を決断、F1の第1線から退く決意を固めたとみられるジョーダン代表
ついにチーム売却を決断、F1の第1線から退く決意を固めたとみられるジョーダン代表
 ジョーダンは24日、ミッドランド・グループと将来のチーム売却に向けて合意した、と発表した。同グループはA・シュナイダー氏がオーナーを務めるチームで、06年からのF1参戦を表明していたが、既存チームの買収へ方向転換した模様。05年シーズンは「ジョーダン」の名称で参戦し、マシンも04年型を改良した「.....
【ログインして続きを読む】