91年Round 15 日本GP=パート4(日曜日)
(91年10月21日掲載)
レース終了後もファンのサイン攻めに合い、苦笑いのプロスト(C)Chunichi
レース終了後もファンのサイン攻めに合い、苦笑いのプロスト(C)Chunichi
◆ Round 15 日本GP
◆91年10月18〜20日 鈴鹿サーキット
 ▽PP G・ベルガー(マクラーレン・ホンダ) 
 ▽優勝 G・ベルガー
【プロストの日本GP】
 ▽予選 1分36秒670 4番手
 ▽決勝 1時間33分31秒456 4位

「予選4位だけには満足、後は永久に忘れたい」

 スターティング・グリッドで4位のポジションを手に入れたことが、おそらく、この日本GPでいちばんの思い出だろう。遅い車が何台かいたにもかかわらず、素晴らしいラップだった。それに、やらなければならないことをやった満足感もあった。

 これ以外は、永久に忘れ去ってもいい。金曜日の朝から日曜日の午後にかけて状況は悪くなるばかりだったのだ。僕はディフューザーの上に排気管を出したスペアカーと、エアロダイナミクス・システムを備えたレースカーのどちらかを選べる状態だった。予選を走っていくうちに、僕はレースカーの方を選んでいた。そして最後の予選の時に、僕はレースカーの欠点をすべて明らかにできると思っていたのだ。

 ところが残念ながら、レース前のウオームアップはただただ破局的なものでしかなかった。うまいセッティングがまったく決まらないのだ。これはただ単に、ベルギーの時と同じ問題にぶつかっているのではないかと、僕は自問していた。すなわち、ステアリングがひっかかる、もしくはダイレクションがうまく作動しない問題だ。

 フランコルシャンでは、僕たちはすぐにこの問題を解決した。アンチロールバーの不具合が原因だったのだ。日本では、僕たちはこの点を一生懸命調べたけれど、何も見つからなかった。僕にはもう、解決法はひとつしか残っていなかったのだ。グリッドにつく時、僕はスペアカーのステアリングを握っていた。レースカーのエンジンにトラブルを感じていたのも、この選択の一因となった。

 でも、僕には何も許されなかった。エンジンは別として、スペアカーはほとんど運転できないようなものだということが分かったのだ。僕はしたがって、タクシードライバーか、トラックの運転手のようなレースに向かってスタートした。

 それでも、僕が怠情なレースをしていたとは思わないでほしい。まったくその逆だ。マシンは重く、運転するのにとても危険だった。これらはすべて、フロントの剛性の欠如か、ゆがみが原因だったと僕は思う。冗談めかして言うならば、右にステアリングを切ってもフェラーリは左に進んだと書いてもいいだろう。でも残念ながら、冗談を言えるような状態ではなかった。シーズンをこんなふうに、勝つ希望もなく終えるなんてまったく無意味なことだとさえ考えていた。

 僕は心の底で、イギリスのチームと、フェラーリのようなイタリアのチームの差はここに、ドライバーをどれだけ信用するかという点にあると思う。僕はこれまでずっと、僕たちのマシンの欠点を繰り返し言ってきた。でもだれも、本当にそれを信じようとはしなかったのだ。マクラーレンにいた時には、僕の指摘はロン・デニスからメカニックのひとりひとりに至るまで、全員に聞き入れられた。

 今シーズンの序盤のセナを思い出してほしい。連勝を重ねているにもかかわらず、彼は警報を鳴らした。彼のチームは難しい時期を通過し、回復する方法を見つけだした。そして今日、ワールドチャンピオンになったのだ。これは“ポジティブな”態度の結果だ。イギリスのチームのものだ。イタリアのチームの態度は、これに比べると“ネガティブな”ものなのだ。

セナに関して、グランプリが終了した後、去年、彼が承知の上で僕をコースからほうり出したこと、その理由をすべて正確に述べたことを聞いた。そんなことを言って、何のためになるのだろう? 僕にはわからない。過去のことを蒸し返しても、決して良いことにはならないからだ。彼が故意に僕にぶつかったことは、よくわかっていたし、それがわかる立場にいた。でも、そんなことはもう遅すぎるのだ。とりわけ、僕たちが和解した後では。彼が率直なのはいいとしよう。でも、これによって僕は、少し寂しい、さめた気持ちになった。

 来年、リジェでは走らないことを僕はみんなの前で言った。この点ははっきりしている。でも、僕はこの日本で運転してきたようなマシンのステアリングも、もう握らないだろう。これで、みんなにはよく理解してもらえると思う。(訳・今宮雅子)

 【編注】プロストは日本GP後、フェラーリに契約解除され、最終戦オーストラリアGPを欠場した。そして、1年間の休養を取ることを宣言した。

(次回からは92年独占手記「プロフェッサーとGPを観よう」を掲載します)