2017年F1開幕特集(3)
ホンダ入りして3回目のシーズン。なかなかマシンに手応えが得られず、苦悶の表情を浮かべるアロンソ(ホンダ提供)
ホンダ入りして3回目のシーズン。なかなかマシンに手応えが得られず、苦悶の表情を浮かべるアロンソ(ホンダ提供)
 雲行きが何とも怪しい。マクラーレン・ホンダ入りして3年目。意気揚々と開幕に臨むはずのフェルナンド・アロンソが苦悶(くもん)の表情を浮かべている。新車「MCL32」から確かな手応えを得られず、本番を迎えてしまった。

 「(ホンダ製PUには)もっとパワーと信頼性が欲しい。オフの合同テストで試したスペックは期待通りに動いてくれなかった」。初年度の2015年は不振を極めたが、昨季は最高位5位でドライバーズランク10位。チームは製造者部門で6位。上昇気流をつかみ、車両規則やPU開発ルールが変更される今季に向けても大躍進が期待された。

 ところがふたを開けてみるとホンダ製PUが絶不調。2月末から3月上旬にかけてスペインで開かれた合同テストでは強い振動が原因とされる不具合が多発。テスト期間終盤には急にマシンの電源が落ちる電気系トラブルに悩まされ、用意していたテストメニューを満足に消化することができなかった。

 ホンダは今季に向けてチャレンジをした。コンパクト化をコンセプトにしていた昨季までのPUをあえて封印。排熱効果に優れるメルセデス型に似た配置の仕様に改めた。だからこそ開幕前は生みの苦しみを嫌というほど味わった。

 ホンダの長谷川祐介F1プロジェクト総責任者は「不安はパワーが想定していたところよりも足りていないこと。危機感を持っているが、判断自体は間違っていなかったと信じている。このエンジンにはまだまだ可能性があるから」と望みは捨てていない。
合同テストでもトラブルが続き、模索は続く(ホンダ提供)
合同テストでもトラブルが続き、模索は続く(ホンダ提供)
 アロンソにとっても意地がある。ルノー時代の2005、06年と連覇し、その走りは現役最高と評されている。そのため昨季王者ニコ・ロズベルグさんの電撃引退に伴い、後釜としてメルセデス入りする説も飛び交った。が、興味を示すことはなく残留を決断した。

 「トップ5を争い、表彰台に上がって、レースに勝つ。そんな青写真を描いていた。好転してくれることを願うばかりだ。自分にふさわしい結果を出せずにレースをやめることはない」。逆境を自分の力で打破できると信じている。今年で36歳。勝つまでユニホームは決して脱がない。