最終戦アブダビGPで見事3位表彰台を獲得したベッテル(フェラーリ提供)
最終戦アブダビGPで見事3位表彰台を獲得したベッテル(フェラーリ提供)
▼5.S・ベッテル=3位

 今日は僕らにとって重要なレースだったと思う。最後の数周はスピードがあったので、あと2つはポジションアップしたかったが、前にいたマシンがトウをかなり効かせていたので、動くのが難しかった。それでも表彰台はチームにとってふさわしい結果だと思うし、僕ら全員に勢いを与えてくれるものになればいいね。

 多くのアップダウンがあり、タフなシーズンだったので、今回の結果には本当に満足している。2016年の僕らの全体的なパフォーマンスに関しては、何かストーリーを見つけるとか、何かでっち上げるとかする必要はないと思う。僕らはもっと期待していた。前半戦はもっとポイントを獲得できたはずだが、そこから巻き返して本当の力強さを見せられたと思う。

 グランプリの最後数戦はすごく良いレースペースだったし、常にレッドブルと十分に渡り合え、僕らの方がわずかながら速かったかもしれない。でもこういったことが土曜日には起こらず、それが日曜日をより難しいものにしてしまった。全体的にはチームのもっているスタミナを示すことができた。スピリットは不屈だし、フェラーリには復活がふさわしいので、僕らはハードワークしていく。すべてにおいて多くを学び、前進を果たした。

 今日はニコ(ロズベルグ)の日だ。本当によくやったと思う。運ではチャンピオンシップを勝てないと思うし、それが彼に与える尊敬の証かな。彼はチャンピオンにふさわしいよ。
惜しくもリタイアとなったライコネン(フェラーリ提供)
惜しくもリタイアとなったライコネン(フェラーリ提供)
▼7.K・ライコネン=6位

 僕にとっては簡単なレースではなかった。マシンは悪くなかったが、タイヤを最後までもたせることに苦しめられた。フロントを保つために常にトライし続けた。

 スタート後はいいポジションにつけられたが、ソフトタイヤの最初のセットで苦戦した。スティントの終わりになって戻ってきて改善されたが、ポジションを失い続けた。セブ(ベッテル)が近付いてきた時、違う作戦を採っていることが分かったので、先に行かせた。

 もちろんかなりトリッキーなシーズンだったし、チームとして望んでいたものとは程遠かったが、最後になってうまく機能し、正しいことができたと思っている。これからもこのやり方を続けていき、来年は新しいマシンで望んでいるような順位になれればいいね。