▼(5).S・ベッテル=(優勝)

 最高の結果となりチーム全員に感謝しているよ! 2番手スタートだったのでスタートが重要で、うまくできた。それと作戦もすべて正しいものだった。早目にピットインし、この作戦が機能してくれたことを証明できた。

 終盤に向けてはルイス(ハミルトン)とのギャップをコントロールすることに努めた。彼がチャージしてくることは予想できたし、前方にはトラフィックもあり、当然ながら心配ではあった。でも最後にはすべて杞憂に終わった。

 今日のマシンはまるで夢のような感じだった。今日は勝てるスピードがあると走り始めから感じられた。昨日から既にいいフィーリングがあり、今日それを確信することができた。レース後にピットに向かうまでのラップはあちこちで花火が上がり本当に素晴らしく存分に味わえた。今夜はこの時間を楽しむが、明日からまた仕事に戻っていく。

 僕の気持ちに変化はまったくない。ワールドチャンピオンになるにはまずはメルセデスを倒さないといけない。毎レースをそれをやっていく。
▼(7).K・ライコネン=(4位)

 今週末はたくさんのいいこともあったが、一方で、最終結果にはやはり失望している。マシンはかなりよく動いていたし、本音を言うと期待していたんだ。

 今日はスタートが悪く、そのため最初のふたつのコーナーは本当に最悪だった。当然ながら挽回し、早い段階でマッサをパスした。その後のピットストップ時にセーフティカーが入ったのは不運だった。全体的なフィーリングは良かったし、スピードはあったが、スタートで失ったタイムが影響を及ぼしたのは明らかだ。

 自分たち自身で状況を難しくしてしまった。間違いなく正しいことをしていると感じるし、全体的に見れば僕らは望んでいるポジションにつけられているが、まだいくつかの点でファインチューンしていく必要がある。ラップをまとめることに尽きるね。もっと前方からスタートする必要があるし、そうすれば僕らのレースはもっと容易なものになる。セブ(ベッテル)とチーム全員のことは僕もうれしいよ。